全身のどこかのかゆみ 千代田区神田の内科・皮膚科、東京ビジネスパーソンズクリニック(神田駅・新日本橋駅3分)

03-6206-4484

午前8:00~12:30(金午後休診)

午後15:00~18:30(火水17:00迄)

最終受付は診療終了時間15分前

全身のどこかのかゆみ body-itchy

アトピー性皮膚炎

自家感作性皮膚炎

疥癬

scabies

疥癬とは

疥癬とはダニの一種による感染症で、掻痒が特徴です。

疥癬の原因
ヒゼンダニの感染により生じます。このダニは大きさ0.4mmほどで人の皮膚を好みます。主として寝たきりの高齢者に多く発生し介護する際に感染しますが、合宿所やキャンプ生活の後などにも発生が報告されています。
疥癬の症状
感染してしばらく(1ヶ月程度)は無症状で経過し、その後激しい掻痒が生じます。手や指に疥癬トンネルという数mmの皮疹をみとめ、鼠径部や腋窩などにもみられることがあります。湿疹と間違ってステロイド軟膏を塗布すると、ダニの数が爆発的に増えて重症の疥癬(ノルウェー疥癬)になることがあります。
疥癬の治療
イベルメクチンという内服薬とクロタミトン軟膏という外用薬を用います。肝臓障害がある人は内服薬が使えないためもっぱら外用薬を用いることになります。
疥癬の注意点
内服薬・外用薬ともに成虫を殺しますが、卵に対しては無力です。このため卵が孵った頃を見計らって繰り返し治療する必要があります。

湿疹

eczema

湿疹とは

皮膚に起きる発疹を表現する言葉として一般には使われています。しかし正確には湿疹とは皮膚の表面の層(表皮層)に生じる変化を主体とする皮膚炎の総称です。

湿疹の原因
表皮に変化を起こす全てのものが原因になります。
湿疹の症状
掻痒と紅斑、落屑です。
湿疹の治療
ステロイド軟膏やワセリン、保湿剤などの外用薬が主体です。それに加えてかゆみを取る薬を内服することもあります。
湿疹の注意点
みずむし、軽い火傷、じんましんや皮膚がんの一部、疥癬など一見すると湿疹のようにみえる皮膚病は多いです。専門医でも継続診察で気が付くこともあります。市販薬を用いたりしても治りにくいと感じたら専門医に相談してください。

接触皮膚炎

乾皮症

xeroderma

乾皮症とは

乾皮症とは皮脂の減少により皮膚が乾燥した状態をいいます。

乾皮症の原因
発汗量の低下、皮膚の成分(脂肪酸・アミノ酸)の変化による保湿機能の低下に加え低湿度、高温の入浴、タオルの刺激などが悪化させます。
乾皮症の症状
皮膚の乾燥、粗造化、亀裂などがあげられます。
乾皮症の治療
保湿軟膏の塗布、低湿度の改善、入浴法の指導などです。特に住環境の変化による室内の乾燥などの環境因子を変えていくことが必要です。
乾皮症の注意点
皮膚を過度に乾燥させる生活習慣(飲酒、香辛料などの過剰な摂取)も改善する必要があります。

血液透析と皮膚瘙痒症

hemodialysis、cutaneous pruritus

皮膚瘙痒症とは

血液透析(以下透析)を受けている人のほとんどに生じる皮膚の痒みです。

皮膚瘙痒症の原因
皮膚の乾燥(乾皮症)が元になっています。
皮膚瘙痒症の症状
透析中では中盤から終了時にかけてもしくは透析終了日の夜に出現する事が多いようです。
皮膚瘙痒症の治療
徹底した保湿を行います。痒みのひどいところにはステロイド軟膏を塗布し、抗アレルギー剤を併用する事もあります。それでも軽快しない場合は特殊な波長の紫外線を浴びせたりします。
皮膚瘙痒症の注意点
最近では透析後の痒みに限定した神経受容体作用薬が広く用いられるようになりました。

薬疹

drug eruption

薬疹とは

薬疹とは文字通り様々な薬物を服用ないし吸入することによって生じた皮膚症状のことです。

薬疹の原因
薬物は通常人の体に障害を与えることなく目的の作用を生じるように作られていますが、たまたまその薬物を異物とする体の成分(リンパ球)が体にできている場合は攻撃します。この攻撃は自分の体に対して起こるため、発疹あるいは全身症状等を引き起こします。
薬疹の症状
全身のかゆみの他、ひどい場合には目や口の中、陰部など粘膜症状が生じ、特に目に生じた場合視力障害やドライアイなど後遺症を起こします。アナフィラキシーショックといい、呼吸困難や不整脈を生じ死に至ることもあります。
薬疹の治療
何よりも原因薬剤と思われるものの摂取を中止することです。そして点滴や内服薬などによってアレルギー症状を緩和していきます。
薬疹の注意点
抗生物質やNSAIDSと呼ばれる解熱鎮痛剤で生じることが多いのですが、永年服用している降圧剤など意外なもので生じることもあるので、関係ないと思っても内服している薬やサプリメントすべてを医師に申し出てください。

肝臓疾患を原因とするかゆみ

liver disease

肝臓疾患を原因とするかゆみ とは

体が痒い時、その多くは皮膚の乾燥による乾皮症という状態で起きるが、まれに肝臓など内蔵疾患に関連して生じる事があります。

肝臓疾患を原因とするかゆみ
肝臓の場合、肝硬変や胆石症などのため黄疸が生じかけている時に先行してもしくは同時に痒みが生じます。
肝臓疾患を原因とするかゆみの症状
全身に痒みが生じます。湧き出るような痒みと表現する方もいます。
肝臓疾患を原因とするかゆみの検査
血液検査を行います。異常があればさらに超音波検査やCT撮影なども行う場合があります。
肝臓疾患を原因とするかゆみの治療
原疾患の治療がなによりも大切です。
肝臓疾患を原因とするかゆみの注意点
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、病気がかなり進行した状態にならないと症状がでません。ご心配な方は健康診断などで定期的に血液検査を受けてください。

クリニック概要

About
【院名】
東京ビジネスパーソンズクリニック
【住所】
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1丁目8-3
神田91ビルデイング 1F
【電話】
03-6206-4484
【最寄り駅】
神田&新日本橋駅
【標榜科】
内科・皮膚科・海外渡航外来
【院長】
伊藤 諭医学博士(日本・英国)
【資格】
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
【所属】
日本内科学会、日本皮膚科学会、日本渡航医学学会、日本東洋医学会
【医療連携機関】
聖路加国際病院社会福祉法人三井記念病院東京逓信病院

内科・皮膚科 診療時間

Consultation Time
診療時間
8:00 ~ 12:30
(最終受付12:15)
15:00 ~ 17:00
(最終受付16:45まで)
15:00 ~ 18:30
(最終受付18:15まで)

※休診日 金曜日午後、土曜日、日曜日、祝日
※12:30~15:00 休診
※初診・再診問わず完全予約制になります。

We focus on providing general medical care for business people.

    3-minute walk from Kanda station. Full English support. No wait appointment.
OFFICE HOURS
8:00 ~ 12:30 MON-FRI
15:00 ~ 18:30 MON,THU
15:00 ~ 17:00 THE,WED