頭部の痛み 千代田区神田の内科・皮膚科、東京ビジネスパーソンズクリニック(神田駅・新日本橋駅3分)

03-6206-4484

午前8:00~12:30(金午後休診)

午後15:00~18:30(火水17:00迄)

最終受付は診療終了時間15分前

頭部の痛み head-pain

かぜ症候群

筋緊張性頭痛

tension headache, tension-type headache

筋緊張性頭痛

筋緊張性頭痛は、頭痛の90%ほどを占めるといわれています(Rasmussen BK 他、J Clin Epidemiologyより引用)。

緊張性頭痛の原因
ストレス、睡眠不足、悪い姿勢、不規則な食事、目の疲れなどがあげられます。
緊張性頭痛の特徴
連続した頭痛、痛みの程度はあまり変わらない、肩こりや首筋の痛みを伴う、夜痛みのため目が覚めることはないといった点などです。
緊張性頭痛の治療
突然痛みがひどくなった時には非ステロイド性鎮痛剤を用います。具体的にはアセトアミノフェノンやロキソプロフェンですが、鍼治療も世界的にも推奨されています。症状がひどい人は整形外科で脊椎牽引やトリガーポイント治療(注射による痛みの軽減)をうける方法もあります。
緊張性頭痛と間違えやすい疾患
低髄液圧性頭痛や副鼻腔炎による頭痛、むち打ち症による頭痛などがあります。このうちむち打ち症による頭痛は2-3ヶ月で自然に消退しますが、低髄液圧性頭痛と副鼻腔炎による頭痛は治療を受けないと軽快しない特徴があります。
その他
鎮痛剤の服用が胃腸症状で難しい人には当院では漢方薬を積極的に用いています。

偏頭痛

migraine

偏頭痛の原因

遺伝性の背景と環境要因、脳血流の部分的異常、神経の異常(特に脳幹部)、セロトニン分泌の異常、ドーパミンレセプターの過剰反応などがあげられます。家族性偏頭痛もあり関連した遺伝子異常もされています。

偏頭痛の症状
吐き気、羞明(光刺激に対する過剰の反応)、軽度の頭痛、頭皮の疼痛、おう吐、閃輝暗点(暗い中でも花火のように光が飛ぶのを感じること)、めまいなど
偏頭痛の誘因
赤ワインの飲酒、生理、飢え、睡眠不足、まぶしさ、臭い、授乳反射など
偏頭痛の治療
基本はストレスに対する反応を個人個人にあった様々な方法で和らげることです。薬物療法はその補助となり、非ステロイド性抗炎症薬、セロトニン作動薬(トリプタン系薬と呼ばれる)などが用いられます。
偏頭痛の予防
一部の片頭痛は薬物で予防可能な場合もあります。

クリニック概要

About
【院名】
東京ビジネスパーソンズクリニック
【住所】
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1丁目8-3
神田91ビルデイング 1F
【電話】
03-6206-4484
【最寄り駅】
神田&新日本橋駅
【標榜科】
内科・皮膚科・海外渡航外来
【院長】
伊藤 諭医学博士(日本・英国)
【資格】
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
【所属】
日本内科学会、日本皮膚科学会、日本渡航医学学会、日本東洋医学会
【医療連携機関】
聖路加国際病院社会福祉法人三井記念病院東京逓信病院

内科・皮膚科 診療時間

Consultation Time
診療時間
8:00 ~ 12:30
(最終受付12:15)
15:00 ~ 17:00
(最終受付16:45まで)
15:00 ~ 18:30
(最終受付18:15まで)

※休診日 金曜日午後、土曜日、日曜日、祝日
※12:30~15:00 休診
※初診・再診問わず完全予約制になります。

We focus on providing general medical care for business people.

    3-minute walk from Kanda station. Full English support. No wait appointment.
OFFICE HOURS
8:00 ~ 12:30 MON-FRI
15:00 ~ 18:30 MON,THU
15:00 ~ 17:00 THE,WED